スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『つるのおんがえし』-4

.27 2011 日本の民話 comment(0) trackback(0)
tsuru-4
2004

はるかな山なみの上を、小さな鶴が一羽、
かなたをさして飛び去ってゆくのが見えたばかりでした。
スポンサーサイト

『つるのおんがえし』-3

.27 2011 日本の民話 comment(0) trackback(0)
tsuru-3
2004

「あれほどおねがいしましたものを、見苦しい姿をお目にかけましたからには、
このうえ人間の世界にとどまってはいられません。
私はいつぞや雪の中、あなたに助けていただいた鶴・・・・・・」

『つるのおんがえし』-2

.27 2011 日本の民話 comment(0) trackback(0)
tsuru-2
2004

「わたしの織っているうちは、けっしてのぞき見なさいませぬように」
むすめは三日三晩、とんからとんから、
飲まず食わずで織り続けていましたが・・・・・・・・・・

『つるのおんがえし』-1

.27 2011 日本の民話 comment(0) trackback(0)
tsuru-1
2004

「見れば、一羽の鶴がつばさに矢をうけて苦しそうにしています。
与平は近づいて行って、矢を引きぬき、ていねいに介抱してやりました。」

『鳥を捕るひと』(「銀河鉄道の夜」より)

.26 2011 そんなに古くないお話 comment(0) trackback(0)
鳥を捕るひと



「鷺というものは、みんなその天の川の砂が凝って、ぼおっとできるもんですからね、川原で待っていて鷺がみんな、脚をこういうふうにして下りてくるとこをそいつが地べたへつくかつかないうちに押さえちまうんです。するともう固まって安心して死んでしまいます。後はもう、押し葉にするだけです。」


(2004年の作品です。鷺という鳥が好きなので、このシーンだけどうしても描きたくなって描きました。)
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。